学生寮対抗!Hall Challenge

先日、「Hall Challenge」というイベントを行いました。

10棟ある学生寮(ホール)ごとの対抗戦。

各ホールに住むメンバー同士、お互いをよりよく知り、チームワークを高めることを目的としたものです。

「Club&Activity committee」という学生委員会が企画・運営しました。

そのリーダーを務めた、村田高彬くん【学士課程/Interenational Business専攻、2017年度入学】から

当日の様子をレポートしてもらいましょう!

————————-

企画から当日の進行まで全てを学生会のClub&Activity committeeが担当しました。

他の委員会にも手助けをしてもらいながら、学生たちだけで運営し、成功に繋げることが出来たことを誇らしく思います。

(当日、多少のハプニングはありましたが…!)

 

どのようなイベントだったか、少しお話したいと思います。

 

ホールチャレンジは主に3つのパートに分かれての対抗戦です。

クイズセクション、スポーツセクション、そしてゲームセクションです。

 

クイズセクションでは、一般的な知識やIPUについてなどをクイズにして、各ホールの代表者3名ずつが協力して問題に挑みました。

スポーツセクションでは、新聞紙1枚の上に最大で何人が乗れるかを競うゲームや借り物競争、

ドッヂボールなど、チームワークを要する競技を企画しました。

特にアツかったのがドッヂボール。男子学生の投げるボールのスピード、破壊力は凄まじかったです。

みんなの悔しがっている姿や弾ける笑顔が印象的で、今も心に残っています。

 

3つ目のゲームセクションでは、WiiUのマリオカートで大白熱!

優勝のかかった大事なホールチャレンジ最終戦となったので大いに盛り上がりました。

 

結果的に男子寮は他を圧倒してホール9が勝ち、女子寮は僅差でホール1が優勝しました。

 

終わった後に参加者たちが、リーダーである僕のところに歩み寄ってきて

「とてもたのしかった。本当にありがとう」などと声をかけてくれて、とても嬉しく、達成感を味わいました。

 

今回、このような企画を行った明確な目的は、チームワークとホールの結束を高めることです。

せっかく各国からの集まった学生たちが同じホールに住んでいるのですから、

お互いのことをもっと知り、目標に向かって全員の心が1つになれば、という願いを込めました。

みんな楽しそうにしていたし、ニックネームなどで呼び合い、とても打ち解けたのではないかと思っています。

これからも、学生同士の絆が深まるようなイベントを考え、実行していきたいと思っています。

 

_