学長メッセージ

ニュージーランドのキャンパスで
皆さんにお会いできるのを心待ちにしています。

留学とは、その土地に雨にあたり、風に吹かれ、太陽の日差しを浴び日々の生活を営むことから始まります。
そして、その環境の中で人々、文化など今まで出逢ったことのない異文化との出逢いは、人生での最高の時間となることでしょう。

IPUNZはニュージーランド建国150周年の記念すべき時にニュージーランド初の全寮制私立大学として誕生しました。

2020年には、創立30周年を迎えます。

環太平洋諸国の若者が、ニュージーランド「Aotearoa」に集い、仲間と共に切磋琢磨する。
次代を担う、グローバル人材の育成のためのIPU構想によって「今までの自分とは違う自分」に出逢うと言う場となるべく創立しました。
この留学は皆さんの能力を豊かに開花させる時間となる、そう確信しています。

考えただけでもワクワクしませんか?
ここで学ぶ皆さんの知的好奇心が全開となり、体験を重ね重要な時間を重ねることにより、未来が大きく拓きますように心から願っています。

留学は新たな挑戦の始まりです。それを成功させるためのキーワードは「レジリエンス」、すなわち困難な出来事に出逢っても立ち直る力です。折れない心を持ち、実行可能な行動を通じて一つ一つの困難をコツコツと乗り越えて行くことで、ゴールは着実に近づいてきます。

IPUNZで留学成功のためにも、具体的に計画を立て行動してみてください。
成功と言える留学になりますよう願ってやみません。

IPUNZ/JPN 学長 大橋 節子


名誉学長メッセージ

国際大学IPU New Zealand

名誉学長 ウェイン・エドワーズ

国際大学IPU New Zealandのユニークな点は、ニュージーランドの大学でありながら、英語がネイティブでない学生の皆さんも、大学在学期間を通じてニュージーランド政府認可の専門教育を、英語を学びながら受けられるということです。

25カ国以上から集まっている学生は、クラスや寮生活の中でお互いの文化について理解し合い、交流を深めています。
また、インターンシップやホームステイ、スポーツなどを通じ、ニュージーランドの文化に触れています。
そして、このような大学の生活を通じて、学生一人ひとりが多角的なものの見方ができるようになるのです。

皆さんの目標到達に向けて精一杯サポートしたいと思います。

ニュージーランドのキャンパスで皆さんにお会いできるのを心待ちにしています。そして皆さんの成長する過程を見るのがとても楽しみです。