ホームステイってどんな感じ?

「海外留学」を考えている皆さん。

特に、普段の生活のベースとなる環境については気になりますよね。

キャンパス内に学生寮をもつIPU New Zealandですが、希望と条件が合えばホームステイをすることも可能です。

今回は実際にホームステイをしている在学生がこの記事を書いてくれましたので、参考にしてみてください!

——————————-

ホームステイと聞くとどんなことを想像しますか。

他人のご家庭に混ざって一緒に生活をするのですから、おそらく不安な方々が多
いかと思います。

言いたいことが言えない、うまく自分の気持ちが伝わらない、など
の不安要素があるかと思いますが、IPU New Zealandが学生に提供をする
ホームステイ先は学生が安心して暮らせるような場所になっています。

ホームステイを始める際に学生はまず応募用紙を記入しますが、そこにはいく
つかの質問事項があります。

例えば、動物へのアレルギーがあるかどうかという質問。

これはニュージーランドの家庭では犬や猫をペットとして飼って
いるご家庭がたくさんあるからです。

大学側は学生の安全を守るためこのような質問を用意し、

学生本人が責任を持って答えることでより適切なホームステイ先を紹介することができます。

その後、自身に合ったホームステイ先を見つけるため幾つかのホームステイファミリーのお宅に職員と訪れ、

直接お話を伺います。

そのためお互いのニーズをそこで確かめることができます。

あとは、相性の良いホストファミリーに出会えたら新しい生活の始まりです。

どのホストファミリーも英語ができなくても、フレンドリーにお話をしてくれます。
また、課題がでた際も助けてくれます。

休日は家族で町に食事をしに行ったりドライブに出かけることもあります。
こうして、英語力の向上はもちろんのこと、寮生活では体験できない経験が在学中にできます。
もし興味のある方はぜひ挑戦してみてください!

(写真の説明文:ホストファザーの誕生日に家族みんなで遠出をしてランチを食べました)