カラフルな人生を送る卒業生!

皆さん、こんにちは。

今回は、卒業生の今!をご紹介したいと思います。

英語の文章も載せますので、高校生の皆さんも読解にチャレンジしてみてくださいね。

On 9 February 2019, IPU New Zealand graduate Dr Amita Fotedar had her new business endorsed by Wellington mayor, Honourable Justin Lester and Member of Parliament Paul Eagle at the Holi Wellington Colour Fest 2019.

Amita graduated with a Postgraduate Diploma of International Studies from IPU New Zealand in 2017. After graduating, she had the idea of setting up www.erda.co.nz with the goal of conserving nature and promoting a sustainable lifestyle for New Zealanders.

Inspired by her studies at IPU New Zealand, Amita started Erda as an online sustainable business to market green beauty and home care products that endorse a natural way of life, whilst protecting the environment. She chose to launch her website at Holi Wellington Colour Fest 2019 because Holi is the Indian festival of colour and celebration. “It’s a time for people of all ages and cultures to have fun and look forward to a colourful, exciting future. Erda is all about taking care of ourselves and Mother Earth, as well as celebrating nature’s gift to humanity,” says Amita.

The Erda team enjoyed themselves immensely at the festival, particularly its main draw of throwing flour-based, non-toxic colour on each other. After meeting Mr Lester and Mr Eagle, Amita and her team mates joined in with other festival-goers tasting delicious ethnic cuisine and dancing to music played by local DJs from the Indian and wider communities. You can tell from the photos that it was marvelously memorable launch for a business that prides itself on its eco-friendly marvels.

Dr Amita Fotedarは2017年にIPU New Zealandを卒業。ニュージーランド人のために自然保護と地球に優しいライフスタイルの促進を目的に、www.erda.co.nzを設立しようと考え、ついに、2019年2月9日にウェリントンの市長、Justin Lester名誉教授、Paul Eagle議員によって新しい事業が承認されました。

IPUで行った研究にヒントを得て、環境を保護しながらナチュラルなライフスタイルを支持するグリーンビューティーとホームケア製品を販売するオンラインビジネスとして、インドの色彩と祝祭の祭典である『ホリ』を参考に、ホリ・ウェリントン色彩フェスティバル2019でウェブサイト”Erda”を立ち上げました。「あらゆる文化や年齢の人々が、カラフルでエキサイティングな未来を楽しみにしています。Erdaは自然からの贈り物だけでなく、自分自身と母なる大地を大切に考え祝福します。」とAmitaさんは言います。

毒性のない着色料でカラフルに染められた小麦粉をお互いに投げることが最大のイベントで、Erdaのチームメンバー自身も大いに楽しみました。AmitaとチームメンバーはLester氏とEagle氏と一緒においしいエスニック料理を味わい、インドや様々なコミュニティのDJが演奏する音楽に合わせて、他のお祭りの参加者たちと一緒に踊り素晴らしい時間を過ごしました。写真からもわかるように、エコフレンドリーを信念としている企業としては、実に印象的なスタートとなりました。