IPU New ZealandがNZQAのカテゴリー1を継続

2019年9月、IPU New ZealandはNZQA(ニュージーランド政府教育資格審査局)より、教育機関として最高評価のカテゴリー1を継続して獲得しました。

 

NZQAは、4年に一度、教育力部門と自己改善力部門において審査を行っています。2019年6月に本校での監査、および学生や教職員、その他コミュニティを含めた利害関係者への聞き取りが行われました。結果、教育力部門では「高く信頼できる」の評価を、そして自己改善力部門では「信頼できる」の評価を得て、カテゴリー1の最高評価を受けました。

報告書では「IPU New Zealandは教育プログラムや資格を通じて学生に価値を与える強力な高等教育機関である」と、地元及び国際教育への貢献度が高く評価されました。

ハナ・ホワイト事務局長代行は「本学において大切にしている学生の学びと心のケアは、常に教育の質の中心となっています。最高評価のカテゴリー1を引き続き獲得したことを誇りに思います。引続き学生を第一に考え、本学への進学を考えている学生には、質の高い教育ときめ細やかなサポートをお約束します」と述べています。

報告書では、本学が地域やニュージーランド国内、国際教育機関との連携を深めるべく注力していることに関しても「現代的なプログラムを提供し、さらに開発する上でこれらの連携が活かされ、学生や卒業生に唯一な機会を提供している」と高く評価しています。

 

その他に、報告書には以下の評価が記載されています:

・NZQAによって学位認定されているIPU New Zealandの高いレベルの4つのプログラムが、学術的で優れた教授法、学習支援、学生教育水準において優れていると評価。

・特に学位レベル以上の学生の達成度が優れており、学びの管理、分析、記録が詳細に行われ、適切なグループと共有され、改善が図られている。

・教育、連携、研究は、IPU New Zealandの強みであり、提供プログラムは学生の目的に合致しており、現代に沿った内容が提供され、学生は学問的にやりがいがある。

・学生の意見に耳を傾け、プログラムを調整、或いは新しいサービスを提供することで、学習と大学生活を効果的にサポートしている。

・海外学生募集、入学前支援、到着後オリエンテーションの流れにおいて一貫した支援がされており、学生の到達度は高く、実践規範手順は強固であり、包括的で責任ある学生サポートが提供されている。

・利害関係者と密に連携し、IPU New Zealandへの理解も深い。地元地域やニュージーランド国内で価値ある貢献をしていると認知されている。

 

※英語本文は、英語サイトのホームページ にて掲載しております。

 

_