IPUNewZealandのオープンキャンパス

海を越えた日本から遠い国で暮らすってどんな感じだろう。

海外の大学で勉強するって、日本の大学とどう違うんだろう。

どんな街並み?授業ってどんな感じ?食事は口に合うかな?

 

海外留学成功の第一歩は、自分と合うか、
卒業までしっかり頑張れる環境なのかをしっかり目で見ることです。

キャンパスライフを体感できる1週間の留学体験をしてみませんか。

IPUNewZealandのオープンキャンパス

オープンキャンパスのプログラム

東京ドーム4個分あるキャンパス内の各施設を上級生が案内してくれます。緑いっぱいのキャンパスを歩いて、図書館や教室、レクリエーションセンターなどを視察します。キャンパスライフを想像しながらのお散歩です。

大学のプロの英語教授陣による授業を体験します。先生が各テーブルを回って直接指導してくれます。たくさん英語を聞き、話し、書いてみる時間です。「日本で受けたことのない授業!」と、参加者も大満足。遠慮せずにどんどん質問してください。英語の勉強が、ぐっと身近になるはずです。

日本文化や日本で流行っていることを現地の学生達の前で英語で紹介します。渡航前に発表内容を準備、現地で先生のアドバイスを受けてシナリオを修正して発表に臨むので安心です。

小学校、または中学・高校を訪問して、現地の生徒と交流します。前回は折り紙教室を開きました。訪問する前に、参加者みんなで折り紙の折り方と、英語での伝え方を予習して臨みます。日本文化に高い関心のある生徒がたくさんいるニュージーランド。教える側・教わる側、お互いに忘れられない充実した時間になりました。

大学内にある学生寮(個室)に宿泊して寮生活を体験できます。コモンルーム(談話室)で在校生と交流して、キャンパスライフや勉強法など、色々な話を聞くことができます。

全ての基本は食事です。日本人シェフも腕をふるうダイニングで食事をします。カレーやマフィン、サンドイッチが人気。日本食が恋しくなったら、お米を食べることもできますよ。エネルギーチャージをして、さぁ次のプログラムへ!

お皿の洗い方、洗濯の仕方、食事の時間やマナー。国が違えば文化や考え方も違うということを一番実感できるホームステイ。現地警察が認可を出した家庭のみ、ホストファミリーになれるニュージーランド。温かいファミリーと楽しい時間を過ごせます。

まずはデモンストレーションを見て、プロの技に感動。そのあと、実際に毛刈りを体験できます。最初は羊を触ることにもおっかなびっくりだった参加者も、農場の方の助けを借りながら、バリカンを操ります。刈った羊毛は、実は保湿成分たっぷり。触ると手がしっとりします。何よりかわいい羊たちに心和むひとときです。

ほとんどの参加者が乗馬初体験です。最初は乗るのも一苦労ですが、慣れると馬の動きのリズムに合わせて乗れるようになります。背の高い馬の上から見る景色は、いつもよりエキサイティング!気持ちのよい森林コースを1周まわって、心身ともにリフレッシュできます。

オープンキャンパスのプログラム

概要 期間 費用 申込締切日 詳細日程
大学での英語授業体験とキャンパスライフを楽しみながらホームステイも体験。 2018年3月26日(月)~4月2日(月) 228,000円 2018年2月23日(金) 詳細日程